玉ねぎの芽は食べられる?玉ねぎから緑の芽が出る理由は? | ゆうがの楽々家庭菜園 
スポンサーリンク

玉ねぎの芽は食べられる?玉ねぎから緑の芽が出る理由は?

玉ねぎの芽は食べられる?野菜
スポンサーリンク

玉ねぎは日本において非常にポピュラーな野菜で玉ねぎの芽は食べられます、その食材の一部である芽に関しては、あまり知られていないかもしれません。

また、芽が出る原因や食べ方についても、疑問を持っている方も多いでしょう。

この芽が出た時に捨てるのではなく、実は食べることができます、この状態で刻んで薬味として使ったり、味噌汁に入れたりうどんに入れたりで利用してください。

まず、芽が出る理由ですが、収穫してから時間が経つことで水分が蒸発し乾燥もしていますが、中には芽が出てしまう玉ねぎもあります。

保存方法については、屋外の風通しの良い場所で日陰に置いて保存することをお勧めします。風通しが良くて日光が当たる場所に置くと芽が出やすくなるため、注意が必要です。

また、寒くなる時期になると、栽培で収穫した玉ねぎは家の中で暗い場所に移して保存してします。

玉ねぎの芽についての情報をまとめた記事にしましたので、捨てずにちょっとだけ時間をかけて味わい深い玉ねぎ料理を楽しんでみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

玉ねぎの芽は食べる

玉ねぎに芽が出てしまっても、食べることは可能です。

芽については、処分する方もいるかも知れませんが体に悪影響の有害な成分は含まれていないため、安心して食べてください。

ただし、芽が出る過程で玉ねぎ本体から栄養分が提供され、芽が成長するため、芽が出る前と比べて、味が落ちるのと栄養も少なくなっている可能性がありますね。

ですから芽が出る成長前にできる限り玉ねぎを食べ切ることをお勧めします。

玉ねぎの芽の食べ方は?

ネギを刻んで薬味に

実は、玉ねぎの芽は、長ネギで言うところの葉(茎)の部分であり、普段食べている万能ネギのように刻んで薬味に使ったり、ぬたにして食べたりすることができます。

ただし、

芽が伸びて20cm以上になると、硬くなったり、辛くなったりして、味が落ちます。

芽が出たばかりの場合やまだ短い場合は、安心して食べることができますが、味がおかしい場合は、残念ですが処分することをお勧めします。

玉ねぎの芽がでる理由は

芽が出た玉ねぎ

玉ねぎに芽が出ている場合、それは収穫から一定期間が経過しているためなんですが同じ収穫であっても芽が出ていないのもあるので私は専門家でもないので、できるだけ早く食べましょうか!

それと玉ねぎの品種によっても保存期間の違いあるので私は長期保存が効くネオアースという品種の玉ねぎを栽培しています。

芽が緑色になって硬くなったり、少し苦味が出る場合がありますので、気になる方は芽を取り除いてから食べるとよいでしょう。

玉ねぎの芽を取る方法はありますか?

玉ねぎの芽を取る方法は簡単です。

まず、玉ねぎを水でよく洗います。次に、芽の部分を鋭い包丁で切り落とします。芽が長く伸びている場合は、指で押さえながら根元から引っ張り、取り除きます。

玉ねぎの芽が出ないようにする方法

玉ねぎは芽が出ても食べられるが芽が出ないのが一番ですね、玉ねぎの芽が出ないようにするには、以下の方法があります。

  1. 玉ねぎを涼しい場所に保管する:玉ねぎを暖かい場所に置くと、芽や根が伸びやすくなります。乾燥した場所に保管することで、芽が出るのを遅らせることができます。
  2. 乾燥させる:収穫した玉ねぎを直射日光の当たらない風通しの良い場所に置き、玉ねぎが乾燥するのを待つことで、芽の発生を遅らせることができます。

これらの方法を実践することで、玉ねぎの芽の発生を遅らせることができます。

玉ねぎの芽のまとめ

  • 玉ねぎの芽がでても食べられます、捨てなくていいよ。
  • 出た芽は刻んで薬味などにお使いください。
  • 芽が出る理由は収穫から日にちが経過したためです。
  • 栽培では長期保存が効く品種で「ネオアース」を使っています。
  • 保存方法は屋外の風通しのよい日陰でネットに入れています。
  • 11月の下旬ともなれば寒くなるので屋内の暗い場所に保存しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました