さつまいもの収穫の時期はいつ?そのポイント3点【まとめ】

さつまいも野菜

さつまいもの収穫時期はいつなんだろうと
苗を植えたあとは、気になる点だと思っています。

概ね結論としては
9月頃から霜が降りる前には収穫しましょう!

私も数年前からサツマイモの「紅あずま」を
家庭菜園として畑に30数本くらい栽培しています。

キュウリやトマトやナス等なら
果実の大きさが目に見えて収穫出来る判断できますよね、

でも~~
地中にあるイモの成長は目に見えないので
実態はどうなっているのか状況判断ができませ~ん。

普段は、
毎日、朝食前には畑の見回りを日課としています。

それもね、
実は、
畑と言っても幸い庭先の一角にあるんです。

家庭菜園としていくつかの野菜も栽培しているので
それぞれの育ち具合を観察しながら

  • 害虫はついていないか
  • 葉っぱは枯れてきていないか
  • 畑は乾いていないか
  • カボチャはぼつぼつ収穫出来るかな、

    と・・・・・。

老いた身の脳トレと思って目配りしています。

そんな中
さつまいもの場合は茎もある程度伸びて
葉っぱも茂ってくれば、つる返しもやらなくてはね。

肥料につては植えたときにやるだけで
あとは収穫までは追肥は全然やっていません。
それでも、そこそこ良いサツマイモになっています。

スポンサーリンク

さつまいもの収穫の時期で失敗しない3ポイント!

さつまいもの収穫
家庭菜園でサツマイモを収穫した。(紅あずま)

サツマイモは手軽で簡単に栽培できる野菜として
保育園や幼稚園でも体験学習として取り入れて、
収穫の喜びや食べものを大切さも教えていますね。

そんなサツマイモの収穫時期は3ポイントは・・・。

  1. 植えてからの栽培日数が110から
  2. 葉や茎が枯れ始めた頃の9月から霜が降りる前
  3. 試し掘りをする

の3点をおさえれば大丈夫でしょう!
それでは1点目からみていきましょう。

植えてからの栽培日数は、

植えてからの栽培日数は110~150日位が目安です、
ですから収穫時期は約4~5月後となります。

私は概ね5月下旬に植えるので
収穫時期は10月の中旬頃の収穫でやっています。

地域や品種によっても違ってくるので
参考程度として考えてください。

植えた日がいつなのか、その時は
覚えていますが、日数が経過すると
もういつなのかは忘れてしまうので

日数を目安とする場合は
農業日誌などに記録して管理することをオススメします。

私は年間タイムスケジュール表などで
全ての野菜をいつ植えていつ収穫するかの
あるいはいつタネを蒔いていつ収穫するのか

一括管理する「野菜つくり」の表を活用しています。
これがあれば毎年の作業工程がわかって便利ですね。

野菜つくりの一括管理表
野菜つくりの月別の年間スケジュール表です。

葉や茎が枯れ始めた頃の9月から霜が降りる前

サツマイモの収穫時期の見極めの2点目として
茎や葉っぱが枯れ始めていないかを見ながら
9月以降から霜が降る前までに収穫は済ませましょう。

ご当地においては11月初旬には霜が発生するので
遅くとも10月の下旬までには収穫となります。

しかしながら
霜の発生といっても記録がないと
果たしていつなのかそう言われたも
見当が付きにくいので10中旬頃と決めています。

一応この頃の葉っぱや茎も参考に見てみましょうね!
タイミング的には葉の一部が枯れてきて
黄色い色が見えてきたらソロソロ収穫の時期だと見極めています。
葉が生い茂っている上からは分かりにくいので
蔓返しをしてみての確認となります。

サツマイモの蔓と葉っぱ
サツマイモの蔓返しをして葉っぱの色が黄色になってたり
枯れたりしていないか確認しましょう。

試し掘りをする

サツマイモの収穫時期の見極めの3点目として
試し掘りも一応してみましょう。

試し掘りの時期としては収穫日の
概ね1ヶ月位前がいいと思っています。

どの程度の大きさになっているかの
見極めるためですね。

一つの蔓を確認して見ればいいですよ。
収穫に適した大きさとして概ね
20~25センチメートルとして判断しています。

もし試し掘りして薩摩芋がまだ
小さいようであればそっと土を元に戻しておきましょう。
ちょうど良ければそのまま収穫してもOKです。

サツマイモの試し掘り
9月の初めに試し掘りしたサツマイモですが、
まだ小さいので土をかけておきました。

この試し掘りの時のサツマイモの大きさによって
収穫期の見極めの参考にしてみましょう。

もしもある程度大きくなっていれば、
もう1ヶ月も待たなくて2週間位でもいいかなと
判断することが出来ると思っています。

そうすることによって良い大きさのサツマイモが
きっと収穫できるので試し掘りもオススメします。

さつまいもの収穫方法や掘り起こす手順は3点です

さつまいもの収穫の時期で失敗しない3ポイント!を
おさえたら、いよいよサツマイモの収穫ですね。


サツマイモ収穫としては雨が降ったあとかでなく
晴れた天気の良い日を選んでやっていますが、
具体的には次の手順で収穫作業をやっています。

  1. 最初に茎を全部カットしています。
  2. スコップでサツマイモの周辺を掘っています。
  3. そしたら、手で蔓を引っぱりあげての収穫です。
収穫したサツマイモ
収穫したさつまいもですがチョット大きさはバラバラでした。
収穫したさつまいも
参考までに大きさをスケールで測ったみました。

さつまいもは日にあてて乾いてから
そのまま段ポール箱に保存しました。

さつまいも
段ボール箱に保存したさつまいも

こちらの記事もあわせて読みたい。

[card url=”https://nousagyo.com/satumaimo/” class=”” color=””]

さつまいもの収穫の時期のまとめ

  • 植えてから110~150日が目安です。
  • 概ね9月から霜が降る前までです。
  • 試し掘りも必要に応じてやりましょう。
  • サツマイモの大きさは20~25CM位です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました